お米のくりや 寝かせ玄米

【お米のくりや】お手軽玄米セットで寝かせ玄米はできる?

お米のくりや,商品紹介

 

 

お米のくりやは明治15年から創業している香川県のお米やさんです。

 

社長の徳永慎吾さんも『ごはんソムリエ』の資格を持っており、お米のスペシャリストが経営する会社です。

 

  • 全国の美味しいお米を食べてみたい
  • 自分のお気に入りのお米を探したい
  • 食生活を見直して、ずっと健康でいたい

 

という方にはぜひ利用してもらいたいお米屋さんです。

 

そんな『お米のくりや』では、『お手軽玄米スタートプラン』という玄米定期購入サービスがあます。

 

ですが、寝かせ玄米については書かれていません。

 

そこでこの記事ではね『お米のくりや』のお手軽玄米スタートプランで寝かせ玄米は作れるのか?

についてまとめてみました。

 

お米のくりや,寝かせ玄米,イラスト

 

 

『お米のくりや』お手軽玄米スタートプランで寝かせ玄米は作れる?

 

結論からいうと、【お米のくりや】のお手軽玄米スタートプランで寝かせ玄米は作れます。

 

寝かせ玄米というのは、発芽酵素玄米の別の言い方です。

 

玄米に小豆(あずき)などを入れて炊飯し、70℃〜74℃の温度で数日発酵させる事で玄米の栄養価を高くする調理法です。

 

発酵する期間(寝かせる期間)があるので寝かせ玄米といいます。

 

お米のくりやさんのお手軽玄米スタートプランのページでも寝かせ玄米(酵素玄米)について説明されています。

 

 

酵素玄米(寝かせ玄米)について知りたい方はこちら

 

 

 

ただ、寝かせ玄米(酵素玄米)について説明はされているものの、失敗しやすい点などは説明されていませんので、この次で紹介しています。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

寝かせ玄米で大切なのは炊飯器選び

 

寝かせ玄米は玄米に小豆と塩を入れ、圧力鍋か炊飯器で炊いた後に70℃〜74℃の温度で3日〜4日保温して作ります。

 

ですが、日本メーカーで作っている炊飯器では玄米をしっかりと発酵させるのはとても難しいんです。

 

お米のくりや,寝かせ玄米,イラスト

 

実は普通の炊飯器は

  • 温度を一定に保てない(自動的に調節する)。
  • 何日も保温する事を想定してつくられていない。
  • 寝かせ玄米(酵素玄米)に含まれる塩分で内釜のフッ素コーティングがはがれてしまう。

こういった理由で寝かせ玄米を作る事には向いていません。

 

保温できる時間もメーカーによってがいますが、長くても40時間程度。

 

約2日間程度の保温しかでかないので、寝かせ玄米を作るには時間が足りません。

 

 

寝かせ玄米が作れないばかりか、炊飯器を壊してしまう事もあるので、やはり普通の炊飯器で寝かせ玄米を作るのはオススメできません。

 

お米のくりや,寝かせ玄米,イラスト

 

 

どうしても日本メーカーの炊飯器を選ぶなら?

 

寝かせ玄米をどうしても日本メーカーの炊飯器で作るなら、保温温度選択機能がついた業務用の炊飯器を選ぶ必要があります。

 

ただ、保温温度選択がついている物は15万円程度する高機能型で、しかも2升炊き以上になり、一般家庭で使えにはサイズ・金額ともあまりオススメできません。

 

参考までに楽天一番で売られている物のカタログのリンクです。

 

 

>>楽天厨房用品カタログ

 

 

寝かせ玄米ができる炊飯器

 

寝かせ玄米ができる炊飯器の中で人気なのはクックという炊飯器です。

 

 

<<クック炊飯器>>

 

 

発酵させる事を目的にしているので寝かせ玄米を作る事ができます。

 

ですが、普通の炊飯器に比べて高価です。

 

 

人気のモデルをAmazonで購入したとしても約6万円。

 

しかも寝かせ玄米は数日間の発酵期間が必要になります。

 

その間は普通の炊飯器を使って白米を食べるとしても2台の炊飯器が必要になります。

 

 

 

この他に玄米を購入する事になるので、寝かせ玄米の食生活に変えていくには最初に数万円の出費が必要になります。

 

しかもどうしても口に合わないという方もいますので、なかかな寝かせ玄米を家庭で作るという方は多くはなのいかもしれないですね。

 

お米のくりや,寝かせ玄米,イラスト

 

 

 

簡単に寝せ玄米を食べるにはレトルトという方法も

 

寝かせ玄米を手軽に食べるにはレトルトで買うという方法もあります。

 

Amazonで売られている物の場合、24食で7980円。

 

1食当たり191.5円かかることになります。

 

ご夫婦二人で3食、1ヶ月(31日間)食べた場合は、1ヶ月当たり35,622円かかることになります。

 

どんなに栄養価の高い食べ物でも長く食べ続けられ慣れば意味はありません。

 

まずはお試しとう場合はレトルトで良いですが、続けたいという場合にはやはり自宅で作る事をオススメします。

 

 

無理なく寝かせ玄米生活をするには『お米のくりや、お手軽玄米スタート』がオススメ。

 

お米のくりや、お手軽玄米スタートキットは炊飯器と玄米を毎月定額で利用できるサービスです。

 

本来は9万円する炊飯器は分割で支払いをし、その他に寝かせ玄米作りに必要な塩・小豆(あずき)・玄米を定期購入するサービスです。

 

cuckoo炊飯器

 

 

身近なものだとスマホの料金支払が同じような支払い方法です。

 

スマートフォン本体の値段は毎月の通話料の一緒に分割払いになっていますよね。この支払方法と同じです。

 

 

24ヶ月の契約で、炊飯器とお米の定期購入がセットになっているため、はじめに炊飯器を買う金額がかからず定額で利用する事ができます。

 

しかも玄米はお米のくりやで選ばれた無農薬玄米です。

 

しかもお米のくりやの毎月の支払いは4,980円。

 

 

この他に

  • 玄米の追加購入も33%引き
  • 塩や小豆など、寝かせ玄米のセット
  • 送料は無料

と、破格で利用できうえ、お米屋さんが推奨する炊飯器と玄米セットとなっています。

 

  • 寝かせ玄米に興味はあるけどなかなか始められない
  • 一度は試してみたけど、発酵に失敗ばかり
  • 寝かせ玄米用の炊飯器は何を選んでいいのかわからない

 

という方にはオススメのサービスです。

 

 

経済的に太りにくい食生活をしたい方はお米のくりやの玄米セットをぜひ試してみてください。

 

お米のくりや,寝かせ玄米,イラスト

 

 

\お米のくりやのお手軽玄米セットを見てみる/

 

page top